クリエイティブの種
クリエイティブの種
稲盛和夫氏が語った。経営者に大切なことは幼少期に学んだこと?

稲盛和夫氏が語った。経営者に大切なことは幼少期に学んだこと?

カリスマと呼ばれた経営者の巨額な不正申告による逮捕というショッキングなニュースが世間を騒がせていますが、そのニュースを見ていて、思い出すことがあります。

15年以上前、日経フォーラム「世界経営者会議」に参加したことがありました。
10万円という高額な講演会に参加し、デル創業者のマイケル・デル氏や、イトーヨーカ堂社長の鈴木敏文氏、楽天の三木谷浩史氏など蒼々たる経営者の方々の講演を直接聞くはじめての経験でした。ユニクロの柳井正社長ともトイレでバッタリ出会ったりしたのですが、その小柄な体格が印象に残っています。ダイナミックな経営をされている方が小柄だとは意外でした。会って見なければわからないものです。

数ある講演の中で、今も心に残っている稲盛和夫氏(京セラ・KDDI創業者)の言葉があります。スピーチの冒頭でこのような主旨のことをおっしゃいました。

「名だたる世界の経営者の方々を前にこのような事を申し上げるのは、甚だ失礼ですが、経営者は、幼少期に学ぶ事を忘れてはなりません。約束を守ったりすることです。それを忘れた経営者が崩壊をもたらすのです。」

この言葉の深い意味を噛み締めています。

当時の「世界経営者会議」アーカイブ
http://www.nikkei.co.jp/hensei/ngmf2002/20021028d3ki01u828.html


引用元:日本経済新聞

Page Top