ステキ人ストーリー
ステキ人ストーリー
幸せな家庭創り、専業主婦メリッサ

幸せな家庭創り、専業主婦メリッサ

第一回は、私の友人、メリッサです。

 

彼女は、フロリダ州在住で、不動産事業で成功したマイクを夫とし、4人の子供を幸せに育てているチャーミングな女性です。

 

私がメリッサと出会ったのは、数年前。ちょうど、パートナーのヒデと独立について悩んでいた頃で、「成功しているステキな人を紹介して欲しい」と、アメリカの知人に頼み、紹介してもらったのがきっかけです。

マイクは、ストレージサービス(日本でいう倉庫業)から、高級ホテルまで多角的に不動産事業を拡大し、一家は誰が見ても成功していると言えます。

 

自宅は、湖に面した大きな屋敷で、ボートとテラス、子供の音楽スタジオ、壁一面の映画用スクリーン、自家用ジェットはもちろん、なんと!スターバックスコーナーまで用意してあります。

 

ヒデと私は、家を案内されながら、「こんな家に住んで見たい~」と溜息の連続でした。子供達も幸せで性格も良く、大好きなギターや歌手等の分野でプロを目指し頑張っています。

 

アメリカも日本と同じ、経済的にだけでなく、精神面でも幸せな家族というのはそうそうあるものではありません。私は、「こんなにステキなファミリーの成功の秘訣は何だろう??」とメリッサを観察し、質問にも応えてもらいました。

 

彼女の「ステキポイント」は、下記に集約されていると思います: 

 

●家族へのコミットメント

●自分の強みを自然な形で家庭内で生かしている

 

シンプルですよね?でも、ここが重要なんです。

これを実際に実践し続けた結果、 彼女自身も幸せだし、結果的に、家族全体の幸せ・成功につながったのです。

 

彼女自身の言葉を引用すると,,,:

 

私:

「幸せな家庭の秘訣を築けた秘訣は、何だったと思う?またどうして、職場で働かなかったの?」         

 

メリッサ:      

“I care more about investing in people (most of all my children & husband).  

 

That can be done in many ways including a successful career, however, I wanted to be available to invest in relationships.


Our time and energy is primarily spent developing close, connected relationships with our kids.

Success is determining what you are uniquely created to do and acting on it....”

日本語訳 ↓

「私にとって大切なのは、人(特に夫や子供達)に投資することなの。

 

企業でのキャリアアップ等、自分を活かす方法はいろいろあると思う。私は、人との関係作りの為に、自分の時間を提供できるようにしたかった。

 

私達夫婦の主な時間やエネルギーは、子供達との密接な関係作りに費やされています。私にとっての成功は、自分がオンリーワンである分野を見出し、行動していくことだと思う」。

 

つまり、彼女の成功の定義が、単純に、

 

●自分の生まれ持った才能を 最大限に活かす

 

であり、それが、彼女自身の場合は「人との関係作り」だったのです。

決して、意図的に経済的な見返りを期待してやったのではないのです。

 

この才能が、家庭で発揮され、結果的に、夫や子供との間でWin-Win関係ができたんだと思います。

 

ブランド構築においては、

 

●その個人が持つ強みに特化し、徹底的に伝えること。

 

が、とても大切で、全てといっても過言ではありません。この事は国が違っても同じです。メリッサのケースは、パーソナルな場面で

実践した成功例だと思います。 

 

この例を見て、自分の才能に特化して最大活用することが、成功をもたらすことがよくわかると思います。

 

ステキな人生、ステキなブランド。自分の才能を振り返り、最大限に活用することが、成功をもたらすというメッセージでした。

Page Top