リーダーのストーリー
リーダーのストーリー
新型コロナに対抗するアフリカの挑戦:ダンゴート グループの事例

新型コロナに対抗するアフリカの挑戦:ダンゴート グループの事例

新型コロナウィルスによる未曾有の問題に世界が直面しています。パンデミックが終われば、企業理念や社会貢献活動への注力がますますグローバルブランドの重要な要因になるでしょう。 

世界の企業が新型コロナにどのように取り組んできたのか、また、人々を勇気づける活動の背景にあるビジョンやミッションとは何なのか? 

日本でも、アフリカでは厳しい状況が増えていると報道されています。そこで今回は、アフリカのあるビジネスリーダーとその会社に焦点を当て、彼らの活動や危機に対応するためのコミュニケーション方法を調べてみました。私たちはこの記事を通じ、グローバル企業に、企業理念に裏打ちされたブランドストーリー、CSR活動、コミュニケーションに関するヒントをご提供できればと思います。

アフリカのビジネスマンによるアフリカ問題解決に対する貢献 

アフリカを代表するビジネスリーダー、アリコ・ダンゴート氏によると、アフリカの多くのリーダーたちが雇用主となって成功を収めてきたのは、苦難の歴史と献身の歴史に関わっていると述べています。これらの指導者の多くは、困難な時代を乗り越え、事業目的を堅持し、国内外の専門家の雇用主となり、大きな成果を上げてきました。 

アリコ・ダンゴートは1957年生まれ。ナイジェリアのカノ州の裕福な上流階級のイスラム教徒の家庭で育ちました。母方の祖父であるサヌシ・ダンタタは、オート麦や米などの貿易で財を成し、カノ州で最も裕福な人物の一人でした。1965年に父が他界した後、祖父母に育てられたダンゴード氏は、祖父のダンタタ氏より幼い頃から起業家精神を教え込まれました。「小学生の頃、お菓子の箱を買いに行って、それを売りお金を稼でいたのを覚えています。その頃からビジネスに興味があったんです。」と語っています。その後、イスラム教の名門大学として名高いエジプト・カイロのアル・アジャール大学で経営学の学位を取得。 

21歳で卒業したアリコ・ダンゴートは、叔父から3,000ドルを借りてナイジェリアで農産物の輸入販売を行いました。この事業は最初から成功し、わずか3ヶ月でローンを全額返済することができました。2019年、FORBESはダンゴートの純資産を100億ドルと推定しています。これにより、彼はアフリカで最も裕福な億万長者となりました。 

東アフリカのセメント工場(ナイジェリア、カメルーン、ザンビア、ガーナ)


ダンゴート氏の投資の大半は、慈善活動や、アフリカ全土の人命救済、革新者や科学者の育成に貢献する研究の支援に充てられています。また、彼は、ダンゴート財団を立ち上げました。ダンゴート財団は、ダンゴートグループの企業のCSR部門で、過去4年間にナイジェリアをはじめ、アフリカの国々でいくつかの慈善基金に1億ドル以上の寄付をしました。ダンゴート・セメントのウェブサイトによると、1981年5月はセメントを中心とした貿易事業としてスタートしたダンゴート・グループでしたが、その後、、セメント、砂糖、小麦粉、塩、魚介類などを扱う複合企業へと成長。1990年代初頭には、国内最大級の総合商社に成長しました。

Police for Public Life and Safetyに150台の車両を寄贈

 

パンデミック時の社員とのコミュニケーション手段 

アリコ・ダンゴートは、従業員やその他の社会とのコミュニケーション手法は、常に彼の成功と事業戦略に寄与してきました。

ダンゴート氏は、まず、「透明性を持つこと」を目標に掲げています。それは、関連する情報を率直かつ積極的に、タイムリーに、頻繁に、そしてわかりやすい方法で従業員と共有する。何が起きているのか、どんな影響を受けているのか、会社がどのように対処しているのかについて正確な情報を提供すること、そして、社員が何をすべきかについて明確な指針を示すことです。

そして、「信頼性のあるメッセージが伝達されること」。ビジネスコミュニティのための新しいコンセプトや、従業員が前向きな成果を生み出すためのその有効性は、産業研究によって支持されています。新型コロナパンデミックのような厳しい時代は、ダンゴート氏にとって、自分の会社や財団を率いる上で、非常に大きな課題となっています。不確実性が確実性を上回る時代にあって、何をすべきかわからないこともあります。

彼は、ビジネスリーダーとして出会ったすべての人に共感を示し、誰をも見下すことはありません。その共感の価値は、ダンゴートのベストプラクティスの分析において、最も繰り返されるテーマの一つです。彼は、合併などの組織変更の計画の際、経営陣とのコミュニケーションを吟味し「共感」を持ったコミュニケーションが従業員の信頼を高め、その変更へのコミットメントと受け入れを促すことを見出しました。 

新型コロナ パンデミックは、従業員が恐怖、悲しみ、不安、フラストレーションなどのネガティブな感情に直面し、困難な課題でした。ダンゴートは、会社の安全と事業の効率化のために、全従業員とのコミュニケーションを徹底し、他社が従業員を解雇する中、新型コロナ対策のために必要な対策を従業員に徹底させた。彼のやり方は、労働者の不安を軽減し、思いやりや共感の心を示すことで労働者との絆を強めています。


彼は、エボラ出血熱の流行中に実施されたのと同じような対策を講じました。
尊敬の念を持って「ピープル・ファースト」を提唱したのです。新型コロナは企業に大きな打撃を与えており、生産性から利益に至るまであらゆる分野に影響を与えています。

ダンゴートは従業員の安全と健康を第一に考えています。彼は、従業員は組織の屋台骨であり、最終的には組織の競争力を生み出す存在であるため、組織の存続と長期的な発展のためには、人を中心とした考え方が重要であると考えているのです。

そして、最後に、「楽観主義」を実証しています。人々がネガティブな感情やフラストレーションを感じやすい困難な時期に、ポジティブさや楽観主義を伝えることは、特に重要なリーダーシップの資質です。社員の目線で楽観的な見通しを伝え、ポジティブな思考を育むリーダーは、従業員のモチベーションとやる気を高めます。


新型コロナ パンデミックのような異常な時期に、ダンゴートは、ビジネス志向のリーダーとして、アフリカの他の有名なビジネスリーダーたちに、彼らの労働者に信頼、自信、希望を植え付けるこのような効果的なコミュニケーションスキルを身につけさせる機会を提供してきました。これは、アフリカと世界中の全ての危機に対する戦争に勝つための不可欠な要素です。

アリコ・ダンゴートの戦略、ビジョン、ミッション、バリュー

以下のA~Dに記載されている会社情報は、ダンゴートセメントのウェブサイトに掲載されているものです。 
 
A. 会社の歴史と戦略

1)ダンゴートグループは、多様性に富み、統合されたコングロマリットで、グループの年間売上高は40億米ドル(2016年)を超えています。同グループはナイジェリアをはじめとするアフリカ諸国で、セメント、砂糖、塩、調味料、小麦粉、包装、エネルギー、港湾事業、肥料、石油化学など幅広い分野で事業を展開しています。当社の事業は、ナイジェリアおよびアフリカ全域での大規模な製造施設の建設・運営を通し、現地の人々の基本的なニーズにあった付加価値の高い製品やサービスを提供することを柱にしています。雇用を創出し、資本逃避を減らし、現地での付加価値を高めるために、現地での製造能力構築に注力しています。

現在ナイジェリアの石油精製所では、毎年65万バレル以上の石油を生産


2)ダンゴートグループの企業戦略は、過去40年の間に事業が成長し、成熟し、新たな分野や地域へと多角化する中で進化してきました。1970年代には、当時のナイジェリア政府の商品輸入体制自由化の後押しを受け、大口商品の取引を行う企業としてスタートしましたが、1990年代後半には、輸入代替品の製造業に軸足を移しました。2000年代初頭には、当時のナイジェリア政府の民営化政策に沿った戦略的資産の取得に向けて、グループのアプローチがさらに調整されました。これにより、次の10年間の戦略計画の次の段階である「拡大と川上統合」の準備が整いました。

3)自立のために: ダンゴートグループは、事業を展開する全ての分野でナイジェリアの自立を目指しており、農業、石油精製・石油化学、肥料、通信などの新しい分野で世界レベルのプロジェクトを立ち上げる野心的な計画を立てています。当グループはほぼ独力でナイジェリアをセメント自給率の高い国に押し上げ、アフリカ全域で急速に事業を拡大し、他の国のセメント自給率向上にも貢献しています。

カメルーンのセメント工場


B. 会社のビジョン

セメント生産のグローバルリーダーとなるために、製品とサービスの品質、事業の運営が尊敬されるに価する企業になること。

C. 企業理念

 優れた顧客サービスに裏付けられた高品質な製品を良心的な価格で販売し、を提供することで、株主の皆様に高いな利益をもららすこと。

 ナイジェリアをはじめとするアフリカ諸国が世界で最も基本的な商品の生産において自立と自給を達成できるよう、重要な成長市場に近い戦略的立地に効率的な生産施設を設立すること。

 当社が事業を展開しているすべての国で、直接・間接的な雇用を通じ、地域社会に経済的利益を提供すること。

●ガバナンス、持続可能性、環境保全などの分野で先頭に立ち、他の企業の模範となること。

D. 企業価値

 カスタマーサービス:世界クラスの組織として、私たちはお客様にサービスを提供し、満足していただくために存在意義があります。したがって、私たちは、親密さ、誠実さ、学びの姿勢を持ってお客様を第一に考えています。

●起業家精神:私たちは、市場でのリーダーシップを維持するために最先端の方法を駆使し、継続的に新規事業を模索し、開発しています。

卓越性:私たちは大きな組織であり、大切なお客様やステークホルダーの皆様に最高の製品とサービスをお届けするために一丸となって取り組んでいます。そのために、チームワーク、尊敬、実力主義を発揮します。

リーダーシップ。私たちは、事業、市場、地域社会のリーダーであり続けることで繁栄していきます。そのために、継続的な改善、パートナーシップ、プロフェッショナリズムを重視しています。

パンデミックへの貢献 

アリコ・ダンゴート財団(ADF)は、国内での新型コロナの蔓延を抑制するためのナイジェリア政府の現在の努力を支援するために、2億ナイジェリアドルの金額を約束しました。
これは、ナイジェリアのラゴスで最初の指標症例を記録して以来、新型コロナの蔓延を食い止めるために、国内の企業組織で最大規模の寄付と考えられています。

アリコ・ダンゴート財団が資金提供する新型コロナのための移動治療センター 外観


CNBCアフリカのウェブサイトによると、アリコ・ダンゴート財団の常務理事兼最高経営責任者(CEO)であるズエラ・ユスーフー氏は、代理出席した健康・栄養プログラム・オフィサーのマリアム・シェフ=ブハリ氏を通して、2020年3月3日(火)にアブジャで開催された寄付者調整会議で、今回の寄付は、ナイジェリアやその他のアフリカ地域での恐ろしい病気に対抗するために、あらゆるレベルの政府と協力するという財団の目標の一部であると述べました。同財団は、経済的な誓約を行った数少ない人道的機関の一つです。 

アリコ・ダンゴート財団が資金提供する新型コロナのための移動治療センター 内観


アリコ・ダンゴートは、マラリア、栄養失調、HIV/AIDS、エボラ、そして現在は新型コロナやその他の伝染病と戦うために、食料や医療キットを提供したり、ナイジェリアやアフリカの他の国々に研究所を設置したりして、人命を救うために1000万ドル以上の貢献をしてきました。そんな中、ビル・ゲイツ氏も、アフリカ全域で栄養失調やその他の病気を減らすために、アリコ・ダンゴートと協定を結びました。 

生活を変え、専門家を育成するために、当財団は過去2年間で100人以上の保健ワーカーを高度なトレーニングと大学院教育のために支援してきました。これに加えて、ダンゴートのビジネス帝国に関連した修士号や博士号を取得した人々も支援しているのです。


ライター:モモ・ドゥドゥボーイ・テイラーJr. (リベリア、西アフリカ )
アシスタント: ナサニエル・モイカビ (ケニア、東アフリカ)
校正編集:堀内秀隆・ケイティ堀内(H&Kグローバルコネクションズ)

著作権:H&Kグローバル・コネクションズ
COMMENT FORM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top